医療事務のデメリット−医療事務資格専門学校・通信講座情報!
医療事務のデメリット


 医療事務のデメリットは、月末には残業が多いこと、
 時期によっては仕事がハードになること、高収入が難しいことです
 病院は診療費の一部を患者からもらい、残りを保険請求としてレセプトで国民健康保険や社会保険、労災保険に請求します。
 そのレセプトの出力業務や点検を行う期間は月末から月初までで、残業が非常に多くなります。
 勤務する病院にもよりますが、夜遅くまで仕事が及ぶこともしばしばです。
 また、事務的な仕事とひとくくりにいっても、その佩用は受付や会計、データ入力務や入院退院の請求業務など様々で、それらにすぐに対応できるかどうかが重要となってきます。



Copyright(C)
医療事務資格専門学校・
通信講座情報!

医療事務のデメリット−医療事務資格専門学校・通信講座情報!